トップページ 納入事例 > 星のや 軽井沢様
納入事例
星のや 軽井沢
星のや1星のや2
施設の老朽化にともなう全面リニューアルに際し、「源泉加熱」「給湯」「冷暖房」をすべてヒートポンプで賄うシステムを採用。地中熱・温泉排湯熱のほか、冷房排熱も熱源として利用しています。 本施設の設置場所は地下水と温泉が豊富なため、通常の地中熱システムに比べて採熱量が非常に大きく、通常の10倍の量を安定して得られます。また、温泉排水は30〜35℃程度ですが、これを排湯槽に一旦貯めてプレート式熱交換器でヒートポンプの熱源水と熱交換することにより、最低15℃まで熱を回収可能。温泉排水の放流温度を下げる効果もあり、川の水温上昇による生態系への影響も低減します。 ちなみに国の補助金(補助率3分の1)を含めた従来システムに対する投資回収年数は約2.5年でした。
設備概要
■名称:星のや 軽井沢 ■場所:長野県 ■敷地面積:42,055㎡■建築面積:6,303㎡ ■延床面積:8,507㎡ ■構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)・鉄骨造・木造 ■階数:フロント・レストラン棟・温浴施設棟・地下1階・地上2階・客室77室 ■水冷式ヒートポンプ:25馬力×16モジュール 冷暖房・給湯・源泉昇温・氷蓄熱・熱回収 ■地中熱交換器:最大採熱量600kW ■温泉排熱回収設備:最大採熱量600kW ■貯湯槽:42t×1基・28t×1基 ■源泉加熱槽:26t×1基 ■氷蓄熱槽:20t×1基(スタティック) ■中央監視設備・遠隔監視設備 ■受電:系統電力 ■自家発電設備:水力発電225kW(3基合計)
PAGE TOP



フロー図
星のや フロー図
PAGE TOP