地中熱・地下水熱・温泉排湯・空気などの“再生可能エネルギー熱”を熱源としたヒートポンプ製品で「持続可能な社会の実現」を目指します。

地中熱・再生可能エネルギー熱利用

 

令和3年度 エネマネ事業者に採択されました

 

弊社は2021年5月24日に「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」に係るエネマネ事業者(エネルギー管理支援サービス事業者)に登録されました。エネマネ事業者番号:EM03034

 

エネマネ事業者とは
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

一般社団法人環境共創イニシアチブが指定する計測・見える化等の機能を備えたエネルギーマネジメントシステムを用いて、エネルギー管理支援サービスを提供し、事業者と共同でより効果的な省エネルギー対策を実施する者(エネマネ事業者)を登録するものです。

「エネマネ事業者」のエネルギーマネジメントシステム(以下EMS)を導入し、エネルギー支援サービスを受けることで、最大1/2の補助金が交付されます。

 

エネマネ事業者・補助金についての詳細は

「一般社団法人環境共創イニシアチブ」(SII)のホームページをご覧ください。

 

ゼネラルヒートポンプ製EMS仕組み
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 
■省エネルギー・省コストに優れた再生可能エネルギーヒートポンプ

再生可能エネルギー等を利用し、空調・給湯をヒートポンプシステムによって夜間空調蓄熱、夜間給湯蓄熱を極力行い、ZENERAL(ゼネラル)熱源制御・監視システムをもって最適制御・最適監視を行います。

給湯・空調の蓄熱をして熱源機器(ポンプ等)のデマンド制御をし、かつ安価な夜間料金で蓄熱することで、 ランニングコストを抑えることができます。

 

 

IOT技術で省エネと快適さを実現する ZENERAL(ゼネラル)熱源制御・監視システムの特徴

ZENERAL(ゼネラル)熱源制御・監視システムは、ヒートポンプシステムの運転状況や消費した電力量、温度表示など『エネルギーの見える化』を実現。その他、デマンド制御やスケジュール機能などが可能で、省エネルギー・省コスト効果を助長します。


 

■ゼネラルヒートポンプ製品によるEMSの仕組み

EMSに関するご質問等がございましたら、お気軽にお問合せください。

お問合せフォーム