地中熱・地下水熱・温泉排湯・空気などの“再生可能エネルギー熱”を熱源としたヒートポンプ製品で「持続可能な社会の実現」を目指します。

地中熱・再生可能エネルギー熱利用

 

中部経済新聞2021年6月23日号 ひと言コーナーにて記事が掲載されました 

 中部経済新聞2021年6月23日号 ひと言コーナーにて、弊社の記事が掲載されました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 記事内容|

「企業からの問い合わせが増えた」と実感するのは、地中熱などの再生可能エネルギー熱を利用した業務用ヒートポンプの製造を手掛けるゼネラルヒートポンプ工業(本社名古屋市)社長の柴芳郎さん。再エネ熱利用のヒートポンプは通常で2~3割、多い時で7~8割の省エネルギー・CO₂(二酸化炭素)排出削減効果を発揮すると言い、カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)やSDGs(持続可能な開発目標)に取り組む企業から相談が寄せられている。

社内でも、2030年までの環境貢献目標を掲げた。同社製ヒートポンプを通じて「年間タンカー一隻分の原油削減を実施する」「名古屋市の17%の面積を森林に変えるのと同等なCO₂排出削減を実施する」と設定し、製品の販売拡大に努める。また、研究開発にも注力。国の機関や大学、大手企業などと共同で複数の案件に携わる。太陽熱や地中熱、空気熱の「天空熱」を熱源に利用したさまざまな先進的なヒートポンプシステムの可能性を探っている。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

製品についてのご質問・ご相談はお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

お問合せフォームはこちら