地中熱・地下水熱・温泉排湯・空気などの“再生可能エネルギー熱”を熱源としたヒートポンプ製品で「持続可能な社会の実現」を目指します。

地中熱・再生可能エネルギー熱利用

お気軽にお問い合わせください 

「コ・イノベーションによる途上国向け低炭素技術創出・普及事業」としてモンゴルでの実証事業が採択されました

 
弊社がモンゴルで行った実証事業【極寒冷地のための地中熱・太陽熱ハイブリッドヒートポンプ暖房システムの実証】「コ・イノベーションによる途上国向け低炭素技術創出・普及事業」選定されました。
「コ・イノベーションによる途上国向け低炭素技術創出・普及事業」とは、公益財団法人地球環境センター(GEC)が定める、我が国と途上国の協働を通じた双方に裨益のあるイノベーション(コ・イノベーション)により、我が国の強みである質の高い環境技術・製品のリノベーション・普及を通じて低炭素社会を構築し、国内の技術開発への還元や他の途上国への波及等につなげていくことを目的とした事業です。
 
事業内容はこちらのリンク先からもご確認いただけます→公益財団法人地球環境センター
 

  リノベーション・実証の概要 

極寒冷地であるウランバートル市で、石炭燃焼による暖房設備の代替として、日本等で暖房設備として実績のある地中熱ヒートポンプと太陽熱を組み合わせた地中熱・太陽熱ハイブリッドヒートポンプ暖房システムのリノベーション・実証を行う。

●夏季も太陽熱で地中温度を回復し、極寒冷地においても長期間安定した暖房を可能とする。

●再生可能エネルギーである地中熱・太陽熱利用により、暖房設備設置個所での大気汚染物質排出量を0にするとともにCO₂排出量を削減する。


  対象とする国・地域の概要

●ウランバートル市では、冬季のHOB(石炭ボイラ)等による暖房で大気汚染が著しく、市民の健康被害が喫緊の課題となっている。


  対象とする国・地域における事業化・普及の見込み

●事業化見込み

 STEP1|第79-1小中学校で実証を行い、技術適合性、環境改善効果、経済性を政府関係者を交えて評価。

 STEP2|現地企業と提携しビジネス実施体制を整え、エネルギー省と協力し地中熱ヒートポンプガイドラインを作成。

 STEP3|二国間クレジット制度(JCM)日本基金などへの参入を目指す。

●普及の見込み

アジア開発銀行(ADB)の資金等の投入により、ウランバートル都心部を囲むゲル地域の再開発が行われており、実証の成果を元に再開発ビルへの当システムの導入を目指す。