地中熱・地下水熱・温泉排湯・空気などの“再生可能エネルギー熱”を熱源としたヒートポンプ製品で「持続可能な社会の実現」を目指します。

地中熱・再生可能エネルギー熱利用

 

あいちテレワークサポートセンターより「テレワーク導入の取り組みについて」の
インタビュー取材を受けました

2021年10月26日あいちテレワークサポートセンターよりゼネラルヒートポンプ工業株式会社の「テレワーク導入の取り組みについて」の取材を受けました。

CASE STUDY 導入企業の事例紹介にて動画が公開となっております。

下記リンクより映像をご覧ください。

 

◆あいちテレワークサポートセンター 導入企業の事例紹介 インタビュー動画紹介

https://www.aichi-telework.pref.aichi.jp/case-study/

 

<インタビュー内容>

・テレワークを導入された目的、きっかけは?

当社ではヒートポンプ納入先の運転管理を目的として約30年前より電話回線を利用した遠隔制御監視システムを開発し、お客様へ納入した当社のヒートポンプ設備が正しく運用するように会社や社員の自宅から監視・制御を行っています。近年はインターネットを利用したシステムに切り替わっておりモバイルデバイスにも対応しています。自宅で業務を行うためには社員にパソコンを支給する必要がありますが、その当時の30年前から社員の自宅にパソコンを会社から支給して自宅から遠隔監視を実施しておりました。自宅に会社からパソコンを支給すると、家でも仕事ができるので、遠隔監視・制御だけでなく、制御プログラムの作成や営業資料の作成、経理資料の作成など自宅でできる業務についても自然と行われるようになりました。テレワークという言葉は2019年に初めて知りましたが、今思えば当社では30年前から実施していたことになります。

 

・導入されたテレワークの内容と効果は?

WEB会議システムは、拠点の離れた社員同士の打ち合わせや会議のために2015年に導入しました。2020年からは、コロナの影響もあって、お客様との打ち合わせや、業界団体の会合などでも利用しております。効果は絶大で、2020年度は前年度に比べて旅費交通費が大幅に削減となりました。また、一か所の場所に集まる必要がなく、移動時間が節約となり、出先でも打ち合わせができるなど場所の制約がなくなり、社内・社外の打ち合わせもWEB会議システムで頻繁に行うことができるようになり、社内・社外の情報伝達や議論の効率が格段に上がったと思います。

その他、拠点間や会社と自宅とのVPNを構築し、メール、グループウェア、勤怠、給与、会計、営業管理はクラウドで行っており、文書のぺーパレス化も進めております。

 

・テレワークの導入を進める上で困った点、工夫した点は?

WEB会議システムは2015年に導入しましたが、当初はあまり良いシステムではなく、接続や音声に不具合が多く不安定で、正直使い物になりませんでした。その会社もサービスをやめてしまったため、2番目に採用したシステムは専用ハードウェアが必要で高価の割にはやはり不具合が時々発生していました。現在使用している3番目のシステムは専用ハードウェアが不要で料金も安価であり、品質もほとんど安定しているため、今でもいろいろな場面で使えています。

営業管理は汎用クラウドサービスを利用して自社製のプログラムで運用しています。VPNの設定は自社で構築し、セキュリティ対策としてUTMも採用しています。新しい遠隔制御監視システムに対応できるように、自社でできることは自社で行うようにしています。

 

・現在のテレワークの状況(在宅勤務等)やテレワーク時に心掛けている事は?

現在のテレワーク状況は週に12回、業務と家庭の状況に合わせて在宅勤務を取りいれています。9月初めは緊急事態宣言発令のため小学生の子がオンライン授業になったため、私も2週間程度在宅勤務でした。在宅勤務でもメールや社内システムの利用ができる環境にあるため、問題なく業務できます。

テレワーク時に心掛けていることは、通勤がなくなることでの運動不足や集中力管理のために25分集中したら5分休憩するというポモドーロタイマーを取り入れています。5分休憩には席から立ち上がりストレッチ体操などするようにしています。

 

・テレワークを導入して感じたメリット、プライベート含めプラスになったことは?

テレワークを導入しての一番のメリットは、通勤時間がなくなることで時間に余裕ができストレスが少なくなりました。保育園に預けている子がいるのですが、通勤が必要な場合は電車に間に合うように子が嫌がっても無理やり保育園に連れて行き、迎えの時間に間に合うように仕事を慌てて切り上げるのですが、在宅勤務ではそのような時間のストレスが少なくなります。子もストレスが少なくなっていると思います。

<関連記事>

製造業の中小企業のテレワークについてNHKの取材を受けました。

2021年5月18日にNHKよりテレワークについての取材を受け、当日午後6時20分ごろに東海3県のニュース番組でとりあげられました。