地中熱・地下水熱・温泉排湯・空気などの“再生可能エネルギー熱”を熱源としたヒートポンプ製品で「持続可能な社会の実現」を目指します。

地中熱・再生可能エネルギー熱利用

2021年12月16日

  ニュースリリース  

豊田自動織機大府工場「再生可能エネルギー熱利用空調システム」お披露目式を開催
~再生可能エネルギー熱利用によるCO2排出削減を目指す~

 

本日、NEDO様(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)、鹿島建設様、当社で共同開発した製品・システムが納入された豊田自動織機大府工場様による「再生可能エネルギー熱利用空調システム」お披露目式が開催され、下記のように関係者のホームページで一斉にプレスリリースが発表されました。

 

当システムは地中熱、太陽熱、空気熱をハイブリッドに利用した冷暖房・給湯システムとなっており、今まであまり利用されていなかった「再生可能エネルギー熱」を利用することにより、ランニングコスト削減、二酸化炭素排出削減を実現するシステムです。

 

<関係各社プレスリリース>

プレスリリース | 企業情報 | 鹿島建設株式会社 

 豊田自動織機大府工場「再生可能エネルギー熱利用空調システム」お披露目式を開催 | 株式会社 豊田自動織機 

 多様な再エネ熱を熱源としたヒートポンプシステムの実証試験を開始 | NEDO