地中熱・地下水熱・温泉排湯・空気などの“再生可能エネルギー熱”を熱源としたヒートポンプ製品で「持続可能な社会の実現」を目指します。

地中熱・再生可能エネルギー熱利用

代表者ごあいさつ

▮ 国内のヒートポンプ先駆者として、人と地球に優しい製品開発に努めます

 

1984年に冷房と給湯を同時に行う排熱回収型ヒートポンプの先駆者である弊社創業者(柴 芳富)がゼネラルヒートポンプ工業株式会社を創業して以来、当社はオープンループの地下水や空気を熱源とする業務用ヒートポンプを多数製作し、世に送りだして参りました。

2000年、NEDO国際共同研究事業に参画し、中国長春市に地中熱ヒートポンプを初めて納めて以来、日本国内の多くの施設で導入頂いております。

現在では、地中熱・温泉など再生可能エネルギー熱利用分野での業務用ヒートポンプで業界をリードしていると自負しております。地球温暖化防止という課題解決が世界的な至上命題であることを背景に、産業分野においては、多種多様な未利用熱源の有効活用が求められております。これからも、弊社の技術が微力ながら貢献できるものと確信しております。

ヒートポンプシステムは、今後の地球環境保護のためにも大切な技術であり、将来の可能性に満ちた分野です。これからもさらなる省エネルギーと利便性を追求し、環境価値の高い製品を提供していきます。

弊社では「技術革新・環境価値・社会貢献」を経営理念に、人と地球に優しい製品開発に努めます。                  

                                                                                                      代表取締役 柴 芳郎